カテゴリー別アーカイブ: 未分類

男性ホルモンとペニス増大

男性の睾丸から分泌される男性ホルモンは、医学的にはテストステロンという名称で呼ばれています。
この物質は30~40代になってくると減少傾向にあるため、必然的にペニス増大に影響を与えてしまいます。
つまり、男性ホルモンが多く分泌されている若い男性ほど、ペニス増大効果が表れやすいのです。
男性ホルモンが多く分泌されなければペニスは大きくならないため、ペニス増大を図るのであれば意図的に男性ホルモンを
多く分泌させなければなりません。
では、30代以上の男性では、ペニス増大は夢のまた夢なのでしょうか。
いえ、そんなことはありません。確かに10代や20代の男性と比べるとペニスの成長するスピードは衰えてしまいますが、
ペニス増大が不可能なわけではありません。
まずは、男性ホルモンの分泌を促進させる食材を取り入れていくことを意識しましょう。
たとえば牡蠣などが非常に有効です。牡蠣には多くの亜鉛が含まれているので、精子の生成を促してくれます。
精子が多く生成されれば、男性ホルモンの分泌も促され、結果的にペニス増大へと繋がります。
亜鉛はペニス増大だけでなく、神経系統を正常化させる働きもあるなど、人体に多くの良い影響を与える栄養素ですので、
健康のためにも積極的に摂取すべきものですね。
なかなか食事から摂取し続けることも難しいので、ぜひサプリメントを活用して取り入れていきましょう。

手術を受けるクリニックの選び方

ペニス増大手術を受ける際、どのようなクリニックを選ぶべきなのでしょうか。
今回は特に重要となる3つのポイントを挙げていきたいと思います。
まず1つは、医師の技術力です。
重要なのはメジャーな全国展開しているクリニックであろうと、必ずしもスキルの高い医師が多いというわけではないということです。
なので安易に有名クリニックだからといって安心することはせず、本当に技術を持った医師がいるのかどうかチェックしてください。
次に、クリニックの実績を確認することです。
実績が明確に記載されていないクリニックは信用できません。大抵はホームページなどで明記していますが、
具体的な期間・人数による手術なのか表記しているところはあまり多くありません。
そのため、実際通ってみたら実はほとんど実績のないクリニックだった、なんてこともありうるのです。
最後に、一人の医師が診察から執刀まで担当しているクリニックかどうかという点です。
クリニックによっては診察と執刀が別の医師で分けられていることもあるのですが、普通に考えれば診察・執刀が同じ医師であった方が
患者としてはもちろん安心できるはずです。
診察と執刀が別だと意志の疎通がうまくいってなかったりで、満足のいく結果が得られないことも考えられます。
診察の前に、できるだけ自分の手でクリニックのシステムを確認しておくのが賢いでしょう。
多くの場合はカウンセリングなども行ってくれますので、この段階で不安なことはどんどん質問し、不安を解消してください。
もし直接訊ねることが苦手なら、メールで問い合わせてみてもよいでしょう。

仮性包茎とペニスサイズ

仮性包茎は日本人に多く、そしてペニスサイズと仮性包茎は密接に関係があるといわれています。
その理由を簡単に説明しましょう。
まず、勃起した際に亀頭がきちんと出てくるのであれば特に問題はないでしょう。
しかし勃起しても自分の手で皮を剥かないと亀頭が露出しないのであれば、少々問題です。
なぜならペニスサイズアップに障害が出るからです。つまり亀頭が大きければ仮性包茎にはなりづらいということにもなります。
なので、ペニスサイズを気にするのであれば長さや太さはもちろんですが、亀頭サイズも強く意識すべきです。
亀頭の大きさは先天的な影響も大きいですが、しかしトレーニング次第ではサイズアップも可能です。
勃起時に亀頭がきちんと顔を出すようになれば全体的なペニスサイズアップにも繋がりますし、トレーニングとの
相乗効果も見込めます。
現在仮性包茎で悩んでいてペニス増大を図ろうとしている方がいるのなら、まずは仮性包茎を矯正するところから
はじめてみてはいかがでしょうか。
そのためにはペニスへの血行を促し、食生活を見直して成長ホルモン・男性ホルモンの分泌を促すトレーニングを
開始するとよいでしょう。

ペニス増大は何歳まで可能?

ペニスのサイズは何歳であろうと気になるものであり、ペニス増大はいくつになっても望んでいる男性がほとんどです。
多くの男性はペニス増大は諦めてしまうものですが、しかしチャンスさえあれば是非大きくしたいと思っている方がほとんどでしょう。
では、実際ペニス増大は何歳まで可能なのでしょうか?
実は、医学的には何歳でも可能だとされています。
もちろん年齢や体質による個人差はあるものの、効果は医学的にも証明されていることなのです。
ペニスは体の外に露出している長さとほぼ同じ分だけ、体内にも埋没していることが知られています。
なので、まず平常時のペニスをサイズアップさせたいのであれば、この埋没しているペニスを引っ張り出す手法が採用されます。
この手法でペニスを大きくさせた場合、具体的には2~3センチ程度増大するといわれています。
こう聞くとあまり大きくなっていないイメージがありますが、それでも見た目や勃起時のサイズは目に見えて変化しています。
主に手術によってペニスを引っ張り出すことになりますが、最近では入院をすることなく日帰りで手術を受けることもできますので、
日常生活にそこまで支障は出ないでしょう。
また、ペニス増大サプリを使用することも大変効果的です。
サプリによって各種成長ホルモンの分泌が促されれば、年齢に関係なくペニス増大に繋がるでしょう。
もちろん効果には個人差がありますが、自分の体質に合ったサプリを使い続ければ、早い人では二週間~一か月程度で
勃起力に変化がみられるでしょう。
勃起力が高まれば、おのずとペニスサイズも増大していくはずです。
以上のように、もう30歳になってしまったから……などと年齢のせいにしてペニスサイズ増大を諦めるのは早計です。
せっかくのチャンスを逃してしまう前に、早めにペニス増大のために動き出すことをオススメします。