月別アーカイブ: 2016年11月

男性ホルモンとペニス増大

男性の睾丸から分泌される男性ホルモンは、医学的にはテストステロンという名称で呼ばれています。
この物質は30~40代になってくると減少傾向にあるため、必然的にペニス増大に影響を与えてしまいます。
つまり、男性ホルモンが多く分泌されている若い男性ほど、ペニス増大効果が表れやすいのです。
男性ホルモンが多く分泌されなければペニスは大きくならないため、ペニス増大を図るのであれば意図的に男性ホルモンを
多く分泌させなければなりません。
では、30代以上の男性では、ペニス増大は夢のまた夢なのでしょうか。
いえ、そんなことはありません。確かに10代や20代の男性と比べるとペニスの成長するスピードは衰えてしまいますが、
ペニス増大が不可能なわけではありません。
まずは、男性ホルモンの分泌を促進させる食材を取り入れていくことを意識しましょう。
たとえば牡蠣などが非常に有効です。牡蠣には多くの亜鉛が含まれているので、精子の生成を促してくれます。
精子が多く生成されれば、男性ホルモンの分泌も促され、結果的にペニス増大へと繋がります。
亜鉛はペニス増大だけでなく、神経系統を正常化させる働きもあるなど、人体に多くの良い影響を与える栄養素ですので、
健康のためにも積極的に摂取すべきものですね。
なかなか食事から摂取し続けることも難しいので、ぜひサプリメントを活用して取り入れていきましょう。